ニュース

東京?日本橋でBBQ、サウナ、宿泊できるトレーラーハウス「HUBHUB」ってなに? なかに入って見てきた

2021年11月18日 発表

一見普通の建物のように見えるが、実はトレーラーハウス6臺を組み合わせたもの

 三井不動産と三井不動産グループのShare Tomorrowは11月18日、トレーラーハウスを活用した移動型宿泊施設「HUBHUB 日本橋人形町」(東京都中央區日本橋堀留町1-8-9)の內覧會を開催した。

 これは、2社が「移動式ユニットを活用して遊休不動産にリアルに集う場所を創出する」ことを目的にしたプロジェクト「HUBHUB」の実証実験施設として展開するもの。11月22日から2022年1月16日までの2か月間、期間限定でオープンする。

Share Tomorrow新規事業部プロジェクトリーダーの佐藤貴幸氏

 內覧會では同プロジェクトのリーダーを務める、Share Tomorrow新規事業部プロジェクトリーダーの佐藤貴幸氏が登壇。「移動式ユニットにそれぞれ特化した機能を持たせ、設置場所の近隣の居住者やオフィスワーカーの方たちの生活や趣味に今までない価値を提供できる施設」というプロジェクトのコンセプトなどを説明した。

 佐藤氏によれば、HUBHUBはそもそもは三井不動産內の新規事業提案制度で2019年度に採用されたプロジェクト。同氏は「都市部の遊休地の有効活用が目的。トレーラーハウスの可動式アセットを使い、狹い土地や期限付きで利用できる土地で、今までは駐車場しかできなかったようなところで施設を運営する」と説明した。

コンセプトをスライドで説明
実証実験施設はトレーラー6臺をつなげている

 ターゲットについては「一般の旅行者ではなく、近隣にお住まいの方。都市部で展開するので、近くにお勤めの會社員」。自宅でホームパーティをするのに手狹な場合にスペースを有効活用してもらうことや、仕事帰りの會社員の飲み會などの需要を想定する。

 実証実験施設ではトレーラーハウス6臺をつなげ、宿泊ユニット、パーティルームユニット、プールユニットの3つのユニットを組み合わせた。組み合わせについては、1年間のべ1萬6000人にアンケートやインタビューを行なった結果をもとに決定しており、ほかにもシアタールームやワークスペース、フィットネスジムなどのユニットも検討中だ。展開する場所や期間によりユニットの組み合わせを変えて、幅広い需要に対応できるようにする。

場所は都営淺草線?東メトロ日比谷線「人形町」駅から徒歩3分の好立地
ロゴマークは拠點(HUB)がたくさんあり、自由な暮らし方が広がる様子、新しいサービスへの期待感をイメージし、HUBを2つ重ねた形にした

 佐藤氏によれば、11月15日から予約受付を開始したが、宿泊?デイユースそれぞれに10數件の予約が入っており、「滑り出しばまずまず」。実証実験終了後の2月以降はワークスペースなど、別の利用方法の実験も継続する。

 実証実験がうまくいけば事業化をめざす考え。まずは首都圏での展開を想定しており、三井不動産の商業施設やマンションの空きスペースなどでの利用も見込む。將來的には郊外施設としての利用も検討するという。

 なお、HUBHUB公式ラインでは2022年1月16日まで、LINEで友達登録をしてアンケートに答えると、割引クーポンがもらえるキャンペーンを実施中。抽選で無料宿泊體験も贈呈する。

「RECEPTION」にはスタッフが常駐

明るい雰囲気のレセプション

「HUBHUB 日本橋人形町」は旅館として登録しており、トレーラーハウス1臺を使った「RECEPTION」にはスタッフが24時間常駐する。Webサイトで事前予約?決済を行なうほか、オンラインチェックインシステムとスマートロックを導入することで、非接觸でチェックインできる。

ボードゲームや無料の水、アメニティやアロマオイルなども用意
レセプション橫にはトイレがある

コンパクトで落ち著いた雰囲気の宿泊ユニット「GUEST ROOM」

 HUBHUBにはトレーラーハウス1臺を丸ごと宿泊ユニットに設計。宿泊ユニットの定員は2名で、HUBHUB日本橋人形町では2室用意している。広さは約14m 2 で、シャワールームとトイレも完備した。

 チェックインは17時、チェックアウトは11時で、利用料金はほかの施設も貸切利用できる「ステイユースプラン」の場合、1名6萬円から。施設全體は8名まで利用できるが、宿泊は4名まで。

バンクベッドのマットレスはシモンズ製
壁には大型テレビ
ポットや充電用コンセント、冷蔵庫も
パウダールームも完備
入り口のカギはスマートロック
トイレとバスルームも完備。備え付きのアメニティも

BBQやパーティが楽しめる「BBQ KITCHEN」

 屋根付きのパーティルームユニット「BBQ KITCHEN」はキッチン、BBQグリル、ダイニングテーブルなどを用意。プロジェクターとスピーカーシステムがあるので映畫を楽しむこともできる。

 食材や飲料は持ち込み可能で、デリバリーも利用できる。また、事前予約制でBBQ食材のデリバリーや出張シェフの手配も可能。ホームパーティや忘年會、料理教室、チームビルディングまでさまざまな目的で利用できるスペースだ。

 料金は、11時から15時までの4時間使える「デイユースプラン」の場合、定員8名で2萬円からとなっている。

左からレセプション?BBQスペース付きのパーティルームユニットが並ぶ
大型のガスBBQグリル。著火や片付けはスタッフがやってくれる
6人座れるダイニングテーブル
キッチンには調理器具や食器を完備。向かい側には子供が寢そべることができるソファコーナーも

フィンランド式のサウナが楽しめるプールユニット「BADE POOL」

 プールユニット「BADE POOL」は貸切で利用する。フィンランド政府観光局公認のサウナアンバサダーである草彅洋平氏がアドバイザーとして設計に関わった。フィンランドのメーカー「HARVIA」製のサウナストーブを置いたヒーティングルームではセルフロウリュも楽しめる。

 料金は11時から15時までの4時間使える「デイユースプラン」の場合、定員8名で2萬円からで、利用する際は水著の著用が必須となっている。

檜張りのヒーティングルーム
天窓付きのヒーティングルームには白樺エキスを抽出した「ヴィヒタ水」でのセルフロウリュセットを用意
外気浴スペースのプールは冷卻水循環裝置を完備。1年中安定した水溫を保つ
オープンスペースの椅子に橫たわってくつろげる
ヒーティングルーム前の休憩スペースはエアコン完備。スピーカーも用意