ニュース

三菱地所&TBSの「赤坂二?六丁目地區」開発計畫が國家戦略特區認定。地上41階/19階ビルと東京メトロ 赤坂駅との一體的な街づくり推進

2021年11月18日 発表

三菱地所とTBSホールディングスが共同で推進する「『赤坂二?六丁目地區』開発計畫」完成イメージ

 三菱地所とTBSホールディングス、東京メトロ(東京地下鉄)は11月18日、三菱地所とTBSホールディングスが共同で推進している「『赤坂二?六丁目地區』開発計畫」が、國家戦略特別區域計畫における國家戦略都市計畫建築物等整備事業に認定され、11月15日に都市計畫告示されたことを発表した。

 計畫では、東街區としてオフィスやインキュベーション施設などが入居する高さ約230m、地上41階/地下2階のビル、西街區として劇場?ホールやホテルが入居する高さ約110m、地上19階/地下3階のビルを建設。

 また、東京メトロが進める「えき?まち連攜プロジェクト」の対象でもあり、東京メトロ赤坂駅と連攜して、駅と街を一體的につなぎ、開放性とにぎわいを備えた空間として、地下2階から地上にかけて、駅と街の境界を感じさせない駅前空間やにぎわい?交流の場となる広場、計4900m 2 の整備を行ない、東京メトロ赤坂駅から連続した空間で地上まで移動できるようにする。

 各街區の駅出入口(5番と6番)にはバリアフリー動線などを整備することで利便性向上を図るほか、広場では重層的な空間を活用したイベントの開催やオープンカフェの設置も目指す。

駅と街の一體空間のイメージ

 西街區では、約1萬1000m 2 の劇場?ホールで集客とエンタテイメントの発信を図るほか、約1萬2000m 2 のホテルを整備し、短期から中長期までの滯在の場を提供。赤坂サカス側とも連攜し、赤坂エリアでの“エンタテインメント?シティ”を目指す。

赤坂エリアでのエンタテイメント創出イメージ
建物の用途構成
位置図