ニュース

東京?新宿に地上48階の「東急歌舞伎町タワー」2023年春開業。キャパ1500人のライブホールや計600室以上のホテルなど誕生

2021年11月18日 発表

新宿TOKYU MILANO跡地を中心とした再開発施設名稱が「東急歌舞伎町タワー」に決定。2023年春の開業を予定している

 東急と東急レクリエーションは11月18日、新宿TOKYU MILANO跡地を中心とした敷地で推進している「歌舞伎町一丁目地區開発計畫(新宿TOKYU MILANO再開発計畫)」の施設名稱を「東急歌舞伎町タワー」に決定したことを発表した。2023年1月11日竣工、2023年春の開業を予定する。

 ブランド名には、東急グループが歌舞伎町の街とともに、エンタテイメントを通じて新たな観光拠點を作り上げる意識を込めた。また、ピアノの鍵盤や音響機器のイコライザーなどのエンタテイメント性や、施設外観モチーフである噴水の要素を內包したブランドロゴも策定した。

東急歌舞伎町タワーのロゴ

 東急歌舞伎町タワーは、高さ約225m、地上48階、地下5階、塔屋1階の施設。

 地下1階~4階は、東急、東急レクリエーション、ソニー?ミュージックエンタテイメントの3社による合弁企業「TSTエンタテイメント」が運営する最大1500名収容のライブホールを開設。新宿最大級の収容人數となり、ソニーミュージックグループが持つ、ZEPPホールネットワークの基盤を活かして東京のミュージックカルチャーを発信していく。

 6階~8階には、客席數約900席の劇場、9階~10階には「新宿ミラノ座」のDNAを継承する映畫館が入居。

 17階~47階は、東急100%出資のTHMが経営し、東急ホテルズが運営を受託する2つのブランドのホテルとなり、20階~38階では客室數538室のライフスタイル型ホテル、39階~47階ではペントハウス5室を含む客室數97室のラグジュアリーホテルを展開する。