ニュース

JR東海、新型通勤電車「315系」を中央本線 名古屋~中津川間で2022年3月5日運行開始。211系8両は年度內引退

2021年11月17日 発表

JR東海は在來線通勤型電車「315系」を2022年3月5日に運行開始する

 JR東海(東海旅客鉄道)は11月17日、2021年度からの導入を予定していた新製の在來線通勤型電車「315系」の運行開始日を2022年3月5日に決定したことを発表した。

 既存の211系などを置き換えるもので、2021年度から2025年度にかけて352両を新製する計畫。環境負荷を低減するほか、バリアフリー設備や充実やセキュリティ機能の強化、AIを活用した冷房機能や座り心地の向上を図っている。

 導入路線は中央本線 名古屋駅~中津川駅間で、同區間では特急車両を除き、2023年度內に車両を315系に統一する。

 また、315系の導入により、國鉄から継承した211系8両は2022年3月中に引退し、JR東海の全車両がJR発足後に新製した車両に置き換わることになる。

インテリアイメージ
315系の特徴
JR東海保有車両