ニュース

山形新幹線、全車指定席化。山形?秋田新幹線は特急料金改定

2021年11月16日 発表

JR東日本は山形新幹線を全車指定席化する

 JR東日本(東日本旅客鉄道)は、2022年春から山形新幹線「つばさ」の全列車を全車指定席として運転する。

 また、山形新幹線「つばさ」と秋田新幹線「こまち」の特急料金を改定。これまで、新幹線と在來線の區間をまたがって利用する場合と在來線區間のみを利用する場合とでは在來線區間の料金體系が異なっていたが、今後は新たに設定する共通の特急料金を適用する。

 新幹線と在來線の區間をまたがって普通車指定席を利用する場合、それぞれの區間の座席指定料金相當額を合算していたが、今後は直通方向の利用に限り、新幹線區間のみの料金(通常期の場合530円)とする。また、全車指定席の「つばさ」で在來線區間のみを利用する場合で、席の指定をしない場合は、指定席特急料金よりも割安な特定特急料金で普通車指定席の空席を利用できる。

 なお、郡山?福島間(山形新幹線で米沢以遠にまたがる場合も含む)については、普通車指定席を利用する場合でも、座席指定料金相當額を合算した特定特急料金(通常期の場合1410円)を適用する。

山形新幹線「つばさ」と秋田新幹線「こまち」の特急料金を改定
料金體系の概要