ニュース

津軽道の未開通區間「柏浮田道路」に12月著工。津軽道の分斷解消。全線開通にも前進

2021年11月12日 発表

國交省は津軽自動車道の未開通區間「柏浮田道路」に12月に著工する

 國土交通省 東北地方整備局 青森河川國道事務所、青森市、つがる市は11月12日、「柏浮田道路」の起工式を12月5日に実施することを発表した。

 柏浮田道路は津軽自動車道(E64)の一部を構成する12.3kmの區間で、2018年度に事業化。津軽道は、國道7號~五所川原市のつがる柏IC(インターチェンジ)の區間約19.5kmと、鰺ヶ沢町內の區間3.7kmが開通済みで、柏浮田道路がミッシングリンクとなっており、この分斷が解消され、鰺ヶ沢と國道7號が結ばれることになる。

 柏浮田道路の工事著手により、津軽道の殘る未著工區間は東北自動車道(E4)浪岡IC~國道7號間の約2kmのみとなる。

津軽道の整備効果