ニュース

ドコモとエアバス、成層圏からスマホ通信サービスの提供を実証

18日間の飛行でHAPSからの電波伝搬実験

2021年11月15日 発表

NTTドコモとエアバスは成層圏から地上の受信アンテナへのUHF帯の電波伝搬測定実験を行なった

 NTTドコモとエアバスは、高度約20kmの成層圏を飛ぶ高度無人機(HAPS)「ゼファーS(Zephyr S)」を用いて、成層圏から地上の受信アンテナへのUHF帯(450MHzと2GHz帯)の電波伝搬測定実験を行なった。期間は8月25日~9月13日。

 実証実験期間のうち、成層圏での滯空日數は18日間。アメリカのアリゾナ州ユマで、成層圏を飛行するHAPSから地上のアンテナに向けてUHF帯の電波を送信し、HAPSと地上アンテナまでの距離や天候(晴天、曇り、雨)、HAPSの飛行パターン、送信電波の帯域幅などの條件によって、電波の受信狀況にどのような影響が現われるかを評価した。

 今回の実験では、HAPSから送信した電波の伝搬狀況を測定?分析することで、成層圏から地上にあるスマートフォンなどのデバイスに提供する通信サービスに実現可能性があることを実証した。今後、通信エリア化が困難な山間部や離島、海上などへの通信サービスの提供を目指す。

ゼファー接続実証実験概要