ニュース

ZIPAIR、ロサンゼルス線を12月25日開設。西田社長「史上初、太平洋を越えて日本と北米を結ぶLCC」

2021年11月12日 発表

株式會社ZIPAIR Tokyo 代表取締役社長 西田真吾氏

 ZIPAIR Tokyoは11月12日、成田~ロサンゼルス線を11月25日に就航すると発表した。

 機材はボーイング 787-8型機で、片道運賃は、フルフラットになるプレミアムシートの「ZIP Full-Flat Value」が8萬8000円~83萬7000円、普通席の「Standard Value」が2萬7500円~59萬2000円、定額の6歳以下向け運賃「U6 Standard Value」が1萬円。

ZIPAIRの成田~ロサンゼルス線(2021年12月25日~2022年3月26日)

ZG24便: 成田(14時25分)発~ロサンゼルス(07時40分)著、火?木?土曜運航
ZG23便: ロサンゼルス(09時40分)発~成田(翌14時25分)著、火?木?土曜運航

 會見に臨んだ代表取締役社長 西田真吾氏は「創業當初から太平洋を渡るエアラインになると標榜しており、これまで太平洋を渡るためと、事業を続けてきた」と念願の長距離線開設であることを表現。

 同社は10月29日に塗裝を終えた3號機が成田に到著しており、目下3號機は客室改修を行なっている最中。この3號機をもってロサンゼルスに就航するという(関連記事「ZIPAIR3號機、塗裝完了で成田に來た! 3機體制で北米路線の就航準備整う」)。

 北米西海岸でもロサンゼルスを就航地に選んだ理由については、過去10年にわたって在留邦人が最大の都市であること、赴任や一時帰國ニーズなどが高いことを挙げた。さらに西田氏は「フルサービスキャリアしか就航していなかったところへ就航する」と野心的な路線であることを説明しており、運賃については、「フルフラットのシートだとフルサービスキャリアの4分の1くらい」とコスト感を表現した。